スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深夜に・・・

1:55 深夜です。平日の夜にブログに向かっているのは不謹慎でしょう。 でも、すごい本を見つけてしまいました。私がこのブログで解明したいと思っていたこと・・・書いてきたこと。はっきりとした先達がいて見本を示していたのでした。

 このブログで仏教の欲望否定は間違いだ・・と書いて来ました。ーーーー「大楽金剛」と言うのだそうです。言うまでもなく密教の考え方です。プラトンの「エロース」の考え方と同じだろと思います。私の疑問はこういうことだったのです。愛、恋と言ってもいいかも知れません。人の素晴らしさを認め、そうした所に近づきたいとする気持ちが、なぜ最後に嫉妬や独占欲などというマイナスの感情で終わってしまうことが多いのか・・・そうした疑問がありました。「そんな事は不可能な事、無理だと諦めよ。我々は出来ないながら願うしかない。でも棄てるな」というのが親鸞の教えだと私は勝手に判断してきました。(これは理解として間違っているかも知れません)

「大楽金剛」とは、どうせ欲望するなら大きく欲望せよ・・という事でしょう。一人の人を愛するなら、それを全人類を愛するところまで広げる。深さで言ったら「その人のためにその人を愛する」という深さに達するという事でしょう。

 その人の名前は「佐々井秀嶺」さんと言うのだそうです。 「必生 闘う仏教」という集英社新書に巡り会いました。 普通に会える人ではありません。日本にいないからです。インドで仏教の布教?に努めていらっしゃるからです。

 本の帯を言葉をそのまま引用します。「悟りは虐げられた民衆と共に生きる中にある」・・・こういうのを菩薩道というのは知っていましたが・・・・そのまま「菩薩」である人がいるなんて想像していませんでした。
 本を読んで涙が止まらない・・なんて事はめったにあることではありません。 

 悟りに至る簡単な道などない。七転八倒する中で見つけ出すしかない。座って悟ろうと思うな。立ち上がろう。
修行の場所は、この世界そのものだから・・・私も、ほんの少し同じ道を歩いています。同じ道を願っています。





スポンサーサイト
プロフィール

abatorie10

Author:abatorie10
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。