スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 3月11日 期末考査の最終日でした。 生徒達が帰ってのんびりした時間がすぎていました。午後2時46分免震構造の校舎の6階にいました。今までに経験のない大きな揺れでしたが自分があまり驚いていないのを自分でも不思議に思いながら揺られていました。机につかまっていないと立っていられない状態でした。
 とんでもなく大きな地震だと言うことはわかりました。ゆっくりした大きな揺れから遠い地震であることはわかりましたし、その揺れの大きさと長さが経験した事のないものでした。

 揺れがおさまってから、校舎から退去しました。残っている生徒をあわてて校舎内で探し回っている先生もおられました。具体的な被害はなかったですが余震が続いています。しばらくして副校長を中心としてグランドへ生徒達を集合させることとなりました。運動部の生徒を中心に200名前後の生徒が集まりました。生徒たちも「今まで経験したことのない大きさだった」と言い合っています。副校長は「大きな地震ではあるが心配ないこと、今は交通が遮断されてしばらく待機する必要があること」を生徒に話して聞かせました。地震とともに電話がまったく不通となっていました。事務局は情報収集につとめていましたがTV以外に情報は入ってこないようでした。

それではと、私が駅まで聞きに行くことにしました。学校から出ますと意外に町は平穏でした。バスはいつものように走っていますし、近所の人が道ばたで地震の話をしているほかは変わったことはありませんでした。でも駅につくと電車は動いていませんでした。「まったく復旧の見通しがつきません」・・駅員さんがそう説明しています。「学校関係者なんですが、生徒を待機させています。いつごろ・・・ええ、近くのK高校です」というと「学校ならおこまりでしょうから教えますが、余震が終わってから点検に5時間はかかります。ですから早くても19時半です」
 これだけで生徒を帰せるのは暗くなってからというのがわかります。場合によっては泊まり込みも・・・
学校は短大の体育館を避難場所として準備を始めました。再度午後5時、別の駅で聞いて見ました。「19時? 今でも余震が続いているのだから19時に動き出すことなどあり得ません」との事です。・・とすれば、午後11時には動かない・・ほぼ泊まり込み体制の準備が必要ということになります。学校は宿泊準備に入りました。
 私は、最寄り駅とターミナル駅を回りました。駅で「○○高校の生徒は集まってください」という放送が入っていましたからうちも・・「K高校の生徒で帰宅出来ない生徒は学校に帰ってください」と言う放送を入れてもらいました。・・そこで君達に会ったのですね。学校まで案内することになったのですが・・・「Yが待ってるよ」と言ったら不審そうな顔をしていましたね。いつもなら苗字でしか呼びませんから。また学校の近くや、最寄り駅でも生徒に声をかけて学校に来た生徒も何人かいたようです。(以下略)


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

abatorie10

Author:abatorie10
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。