スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風に

風子に  このブログは、最初から中学高校生レベルだったんです。光太郎やロダンを取り上げたのは僕がそのころ精神的支柱にしていたからです。

 その頃(大学生)の事を思いだすんですが「初恋」の子に振られて・・・友人に「原爆反対の署名協力して」と言われて・・・政治なんかには全く興味はなかったのですが・・・なぜ振られたのか・・・このままじゃ行き詰まり・・・そんな感じでした。「コクリコ」も個人的な父親への愛情が・・・物語が進展していくうちに・・・自分を大きな社会の流れの中に置いてみて自分がはっきりしてくる。そうした文脈がありましたよね。 社会の中の自分・・・という事を考えさせる時代だったと思います。貧困は身近にありましたし、そのころの日本人は今とはまったく違っていたと思います。大工さん、左官屋さん、魚屋さん・・・外から一目で分かりましたし、男だけでなく女性も奥様と商店のおかみさん、工員のおくさん・・見てわかった時代です。つまり自分の生活を隠すことが出来ない時代でした。

 今 外見で大工さんかカメラマンかなんて見てもわからないですよね。

 そんな中ですから・・・何で振られたのか・・・考えてしまうのです。もし、自分が女の子だとしても 彼氏に「私は」選ばないだろうとね。親が自転車屋をしてましたから・・・「自転車屋の嫁」と言われてしまうんです。彼女は大変キレイな人でしたからそういう選択はあり得なかった。と思うんです。実際 今、彼女は大学教授夫人ですから・・そうした気位の高さ・・・は最初からあったのです。

 考えすぎと言えばそうなんですが、一応、大学入試で結果をだしたし、人間的にもかっての自分ではないし、昔あれだけ仲が良かったのだから・・やっと告白できるかな・・・という所まで持っていったのですが・・・「話しがある」と呼び出されて、僕らの共通の友達の「○○君が好きなんだけど」と言われて終わってしまったんです。 もう歴史になりそうな昔の事でも胸が痛む・・のが不思議です。  古いですよね ・・・・こんな昔の話しをアニメにして 今時の高校生に見せてしまう駿ってどんな人なんだろうと思ってしまいます。 そうそう、ディオゲネスです。美術室にある未完の「アテネの学堂」の真ん中に寝っ転がっているのがディオゲネスです。

ここまで書いてマルクスです(ここからは大学生レベルです)

 生産諸関係の総体は社会の経済的機構を形づくっており、これが現実の土台となって、そのうえに、法律的、政治的上部構造がそびえたち、また、一定の社会的意識諸形態は、この現実の土台に対応している。物質的生活の生産様式は、社会的、政治的、精神的生活諸過程一般を制約する。人間の意識がその存在を規定するのではなくて、逆に、人間の社会的存在がその意識を規定するのである。

 「人間の社会的存在がその意識を規定する」・・・たかが失恋でマルクスでもないですが、彼女が何故こちらを振り向かないか・・・そのかなりの部分をこうした「社会性」が占めているのだろうと思ったのです。(そんな昔の事を、どうしてダメだったのか・・と考えている自分がいます・・・) 当時、社会的身分が壁になって、恋愛がうまくいかない。そういう映画は少なくなかったと思います。20歳の時に、これまでの友人関係や恋愛関係、善悪の問題を「史的唯物論」で分析して見たのです。


 * 風子からのコメントがあったので、その上に乗って書きたいことが書けました。私の世界観は20歳までの光太郎=ロダンとそれ以後のマルクスと 35歳以降の仏教が統合されないまま併存しています。私は仏教論はそれなりの水準にあると思いますが、そもそも理屈が解ったって意味があるものではなく「心の納得」が重要で・・仏教を書いているのは「親鸞体験」「仏像体験」があるからです。家の宗派は日蓮宗なのですが、高校のころから気持ちが離れています。「汎神論」発想が受け入れられなくなったからです。これは高村光太郎から離れた・・・ことと同じ脈絡のように思います。

 *今から考えると奇妙なのですが、弁証的唯物論に「仏教」を見ていた感じがあります。弁証法の3法則「矛盾」「量質」「否定」ではなく、私が感動したのは「万物流転」と「連関」でした。とくに「全てのものは連関している。極小から極大まで、自然界から人間界まで」・・これは後で知った仏教の「縁起」と同じことでした。また上の史的唯物論も「無我説」に大変近い発想だと思っています。

 *仏教論は縁台将棋でも何とか楽しく出来るのですが、マルクスはそういう訳にはいかない。特に「史的唯物論」という発想は戦後歴史学の主流であったわけですし、網野史学が出てきても、未だに全体の中の部分といった感じがします。上部構造、下部構造という仮説にしても「間違ってた」とは言えない状態にあるのだろうと思います。一向一揆を含む親鸞教団の問題にしても、その経済背景を無視して語れるものではないでしょう。

 *私はマルクス「主義」の問題点は、認識論が「単純反映論」だった事にあるように思います。その事が視野狭窄をうみだしたのだろうと思っています。そして「方法論主義」に陥っている・・・これも仮説というか思いつきレベルなのですが、違ってはいないでしょう。特に「方法論主義」は野蛮な思考方法でしょう。「HOW to」です。これが20世紀に大きな災いを生み出したのではないでしょうか。・・・逆ですね、こうした方法論主義が20世紀の基調をなしていたのでしょう。HOWTO さえあれば 自然の密かなエネルギーさえ取り出せるのですから。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

abatorie10

Author:abatorie10
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。