スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

構図3

 小泉吉宏さんのシッタカブッタの2011年版 「ぶたのみどころ」という本を手に入れたのですが、・・・私がやってるように、生物の進化の過程で、自他の区別が生まれたり・・・物に対するフェティシュな関係(とは書いてないのですが)物は心だというつかまえ方など・・そして量子力学(粒子と波の矛盾)まで取り上げていて・・・科学的知見と仏教的認識を追いかけているらしいのがわかります。

 私のこの「構図」は 仏教の「存在論」が 時代によって大きく違っている・・というところから始まっています。最初は般若心経の「空概念」は・・エルンスト・マッハみたいたなと思ったのです。色即是空の「色」は・・人間の感性が把握した範囲の感性の集合体のように理解できました。たぶん中村元博士の理解のしかたのようです。 物自体や意識から独立した物 という考え方は仏教にない・・少なくても般若仏教=初期大乗仏教の時代にはないだろうと考えていたのです。
 しかし別の説では、般若心経は密教の教典で・・・その証拠に・・ダラニ=真言があるではないかというのです。ここまでくると仏教を合理的に理解することなどできはしないように思ってしまいました。

 この「構図・論」ですが・・直感から始まっていて、今は思いついた理屈をつけているんですが・・・仏教には存在論がないのだろうと思います。(世界観ではありません。金輪際から諸天までのの神話はあるのですから) 存在論は語るな・・・というのが釈迦の論法だったのでしょう。「大事なのは毒矢を抜くこと」 それに対してキリスト教は 全知全能の神の概念カラ・・・神のなさった行為?・・法則を合理的に明らかにするという動きが生まれて・・・科学的アプローチが見いだされた・・とも考えられます。

 この仏教に存在論がないという事が、仏教をヌエのような存在にし、現在に通用しないものにしているように思ったのはもう20年も前の事でした。親鸞さんに救われたと思いながら・・・親鸞さんは現実にどうすべきか・・・という指針を示してないのです。あの信長と対立した本願寺教団はどのような論理を持って戦い殺されていったのか・・・これが見えないのです。たぶん、長島で、加賀で、越前で惨殺された事によって、当時の本願寺教団の記憶は失われてしまったのでしょう。 反乱と挫折・・の記憶・・・現在の本願寺教団の貴種信仰・・・西本願寺の天皇との密接さは残された建物に見られます。

 この「構図」は 存在論を位置づけなおした上で ・・ 「心理的アプローチ」である仏教を考え直してみる必要があるのではないか ・・・ たぶん私は 無意識でそんな事を発想した のかも知れません。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

abatorie10

Author:abatorie10
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。