スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教育AO(その3) 学びの共同体・・について

 「ブログ難しい」・・・そうかも知れません。

 お渡しした「佐藤学」を読まれているとの事・・・「わかるの?・・私でも良くわからないのに」と言ったら無責任ですね。そこで、少しわかりやすく説明をして見ます。

 「佐藤学」さんと言えば、「学びの共同体」の提起者として大変有名です。・・・その教育運動は、日本の小学校から始まって・・中学校へ・・また海外の学校へと広がっている・・・とご本人が言われています。お渡した「カリキュラムの批評」はその実践の理論的基礎となった本です・・・。

 学びの共同体論・・・を簡単に言いますと・・・・学校を「授業中心に組み立てなおす」、教師は「自分の授業を、公開して見てもらう・・・年に何回もそうした機会をもうける」「学内だけでなく・・全国に公開する」そうした「学び」を中心にすえる中で・・・「学びの・・共同体」・・・学ぶことの共同・・・生徒同士が学びあう学校をつくりだす。という事です。

 学校行事で共同体を作る・・・というのは今までもやられています。そうした教育運動は「生活指導・・・集団づくり」と言われて来ました。生徒会や合唱コンクールなどの行事を通して・・・生徒の共同体をつくる。こうした方法は 今では当たり前になっています。
 そうしたやり方で成果をあげたのは、山梨の「巨摩中学校」神奈川の「池上中学校」などです。千葉でも木更津の「岩根中学校」がなかなかの充実を見せていました。
 ・・・このやり方は広く普及しましたので・・・もう常識になっていますが・・・そうですね・・卒業ソング・・「旅立ちの日に」が、常識になってしまったように。www.youtube.com/watch    www.youtube.com/watch

そして、本当は去年の「我がクラス」の事が書けなければなりません。 ・・・たまたま生徒に恵まれた・・・ と言ってしまえばそれだけの事ですが「今まで、経験した事のない感覚のクラス」でした・・・教育的教訓を引き出ししたい・・・のですが・・・非常に難しい ・・・行事(劇)を通して、友人の良さが見え・・・そのことが・・・・・友情につながった・・・ここまでは同感してもらえると思います。 ・・・しかし、これって「学園ドラマ」ではあっても「教育実践」と言えるのだろうか? という疑問が、大いに残ります。
 

 さて、そういう意味で「佐藤学」さんの問題提起は、衝撃的に受け止められました。・・・以前からそうした萌芽がなかったわけではありません。「班学習」「グループ学習」「問題解決学習」などと言う形で行われて来ました。・・・佐藤さんのは、それを「全校規模に拡大し」生徒が「学ぶ主体として注目される」という関係性を学校に作ってしまおう。という事です。
この実践は「浜の郷小学校」などで行われています。
      
     学びの共同体 実践校 ←クリック

  

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

abatorie10

Author:abatorie10
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。