スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベニスに死す

abjorn_andresen.jpg

 
写真をはじめて入れて見ました。この写真が誰なのか知ってる人は(高校生には)少ないでしょう。最初左(または上)の写真だけのつもりだったのですが、趣味を疑われるとまずいので右(下)の写真を追加しました。(ブログでは写真が下に来てしまいます)この二枚の写真が同一人物と言ったら・・・驚く人が多いと思います。そういう私も驚いているからです。

■監督:ルキノ・ビスコンティ     www.youtube.com/watch
■原作:トーマス・マン         www.youtube.com/watch
■出演:ダーク・ボガード/ビョルン・アンドレセン/シルバーナ・マンガーノ

マーラーの交響曲第5番第4楽章、甘美なアダージェットに乗せて、静かにやってくる船。
すべてのカットがまるで絵のように美しい。
計算しつくされたような構図と、空や海の色、そして衣装が素晴らしい。

きらきら光る海辺に浮かび上がるタージオの姿が実に美しい。その美しさとは対象的に、アッシェンバッハの若さと美しさに憧れて施したはずの化粧が、醜く崩れていくさまが強烈に印象に残りました。

 なぜこんな写真を載せたのか・・・実は下のような文を書いていたのです。



ギリシャと仏教

 まともにギリシャ哲学関連の本を読んでない素人が、こうしたエッセー風な文を書くのは「大きな過ち」なのでしょうが・・・・自分の中では昨年から大きな問題になっています。

 たとえば仏教で言う「寂滅=火が消えた状態」を理想とする考え方は「逃げ」じゃないかと最近思うのです(大学のころもそう思っていましたが)一種の「変態」じゃないか・・と。仏教の考え方というのは「陰画」ネガフィルムで世界を見るようなものではないか、確かに全世界は写っているけど「反転している」そんな事を思うのです。頭のトレーニングとしてこの「陰画」的世界観を身につけたら・・確かにこの世界にたいする執着はなくなるかもしれません。

人生の幸福を「定量的」に測ることはできない、また「定量的幸福」が主観的幸福感とは一致しないのだという事は経験と仏教から学びました。「人生は苦しみ、愛も苦しみ」こういう「陰画」からも人生観を組み立てることはできます。

 全ての仏教がそうであるわけではないでしょう。こうした禁欲主義は釈迦の説いたものとは違うのかもしれません。・・私が尊敬する親鸞さんは「禁欲をやめた」人です。人間の自然性を肯定した人です・・・・でもこの親鸞さんの流れから「芸術が生まれた」という話を知りません。逆に京都法華宗からは琳派をはじめとする絢爛たる文化が生まれています。この世に浄土を・・だったからかも知れません。・・でも日蓮の浄土は「寂光浄土」なのです。 こうした「ねじれ」が、仏教を陰気なものとしている・・と書いたら世の仏教者は何と言うでしょうか。

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
美術の神は「エロース」か「ムーサ=ミューズ」か「アフロデイテ=ヴィナス」・・・と考えてネットを検索していたら次の文を見つけました。

ビョルン・アンドレセンは、34年間、あのタージオを演じた少年というレッテルで見られてきた。15歳で美の化身であった者に、その後の人生は許されるのか。彼はこの映画に出演したこと自体は後悔していないと言う。

しかしこの映画のあとで彼の身に待ち受けていたことを前もって知っていたならば、絶対にこの役を拒否していただろう、と言っている。

彼は映画界から逃げ、人前に出ない音楽家となっていく。1日に10時間ピアノに向かっているという。
30年もの間、世間の目を避け、ピアノに没頭することで安らぎを得ていたのだそうだ。
「その他のことでは幸せになれることはなかったのか?」と聞くと、
「時々はありますよ。でもそれは私が故意に望んだことではない。
私が生きることを続けるためにどれだけの努力を費やしているか、あなたたちは想像できないでしょう。」



 仏教の「愛は苦である」を否定しようと・・ネット検索をしたら、「諸行無常」「因果は巡る」みたいな例にぶつかって、私の書きたい方向を否定することになってしまいました。

 それにしても すごい写真 すごい人生です・・・・芸術は怪しい・・・トーマスマンの言うとおりに

 ** 私は、このブログでマンについてこれまでも書いていましtが 「ヴェニスに死す」は書けない と思っていました。この作品は「トニオクレーゲル」によく似た作品で、若い頃はなぜ同じような小説を二度書くのか・・・不思議でした。
 小説はまだ読み(再読)切っていませんが「文章が上手」だという事に大変驚きました。何てことのないストーリーなんですが、ベニスの空気感まで書く・・・こんな独白みたいな内容で読ませてしまうのはすごいことだ・・小説家の技量に驚いています。   ・・・ そして、若い頃「退廃的」と思っていた小説が、わかるような気がします。ヴィスコンティの映画と小説は違っていて、小説では「自分と同じ小説家」という設定ですし・・映画とは違っています。 高校生には少々荷が重いですね。











スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

マーラー交響曲5番4楽章
マーラーの代名詞ですよね。

ベニスに死すですか。
プロフィール

abatorie10

Author:abatorie10
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。