スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

智恵子抄から

智恵子抄から

  松庵寺     昭和一六・六

奥州花巻といふひなびた町の
浄土宗の古刹(こさつ)松庵寺で
秋の村雨(むらさめ)ふりしきるあなたの命日に
まことにささやかな法事をしました
花巻の町も戦火をうけて
すつかり焼けた松庵寺は
物置小屋に須弥壇(すみだん)をつくつた
二畳敷のお堂でした
雨がうしろの障子から吹きこみ
和尚(おしよう)さまの衣のすそさへ濡れました
和尚さまは静かな声でしみじみと
型どほりに一枚起請文(きしようもん)をよみました
仏を信じて身をなげ出した昔の人の
おそろしい告白の真実が
今の世でも生きてわたくしをうちました
限りなき信によつてわたくしのために
燃えてしまつたあなたの一生の序列を
この松庵寺の物置御堂(みどう)の仏の前で
又も食ひ入るやうに思ひしらべました

智恵子抄を読むと、光太郎が宗派や宗教儀式にまったくこだわっていないことがわかります。
一枚起請文とありますから、法然さんの浄土宗です。総本山はあの、京都の知恩院です。

唐土(もろこし)我朝(わがちょう)にもろもろの智者達の沙汰し申さるる観念の念にもあらず。又学問をして念のこころを悟りて申す念仏にもあらず。ただ往生極楽のためには、南無阿弥陀仏と申して、うたがいなく往生するぞと思い取りて申す外には別の仔細(しさい)候(そうら)わず。ただし三心(さんじん)四修(ししゅ)と申すことの候(そうろ)うは、皆決定(けつじょう)して南無阿弥陀仏にて往生するぞと思ううちにこもり候うなり。この外に奥ふかき事を存ぜば、二尊のあわれみにはずれ、本願にもれ候(そうろ)うべし。念仏を信ぜん人は、たとい一代の法をよくよく学(がく)すとも、一文不知の愚鈍の身になして、尼入道(あまにゅうどう)の無智のともがらに同じうして、智者(ちしゃ)のふるまいをせずしてただ一向に念仏すべし。証の為に両手印をもってす。浄土宗の安心起行この一紙に至極せり。源空が所存、この外に全く別義(べつぎ)を存ぜず、滅後(めつご)の邪義(じゃぎ)をふせがんがために所存をしるし畢(おわ)んぬ。

建暦二年正月二十三日 大師在御判

 いかかがでしょうか。法事にはこうした・・縁もゆかりもにような場所で様々な思いに襲われることがあります。光太郎は墓参りにも行かなかったようです。戒名にも関心はなかったようです。母が亡くなった時は、「死ねば死にきり 自然は水際だっている」 亡くなった=無くなったと実感したのに、妻が亡くなっても無くならないのを「親子は一世、夫婦は二世」なのだと実感したと随筆にあります。

  2009.08.09
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

abatorie10

Author:abatorie10
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。