スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コモン プチ コクリコ

バラは恋の花と人は言うけれど どうしてそんなにひなげしが好きなの?
今からそのわけ聞かせてあげよう・・・・
やさしくまどろむあの娘(こ)を見たのさ、お日様きらめく畑のただ中
薄着なので透けて見える胸のあたり、匂うような
かわいい花が咲いてた、ひなげしのような

その娘さんと、ひなげしの花がどうしてお前をわくわくさせるの?
今からそのわけ聞かせてあげよう・・・・
やさしくうなづくあの娘(こ)を抱いてさ、お日様きらめく畑のただ中
二人だけの恋のぬれ場、見ていたのはひなげしだけ
かわいい花が咲いてた、ひなげしのような

それだけのことならありふれた恋さ  それなのになんでお前は泣くのさ
そのわけお聞きよ一人の男が  なびかぬあの娘(こ)に刃物を振るった!
お日様きらめく畑のただ中 胸の上の白いコルサージュをひなげしのような
赤い血で染め、 まどろむがごと あの娘(こ)は倒れていた

  http://www.youtube.com/watch?v=xx8xpOWH-sc&feature=relatedhttp:// 

 先日「先生の若い頃はうたごえでしょう」と言いますから「いや、うたごえは行ったことがありません。19の時に“銀巴里”に・・ませてた友人がいましたから」と言ったのですが「銀巴里・・キザ!」って言葉を待ってたのですが・・意外!「先生にも19歳があったのですか・・・」エッツ!そっちかよ・・・

 だいぶ長く探していた歌が見つかりました。もともと曲名も知らないんですから
 大浦食堂の「豆腐のバター焼」とこの「小さなひなげしのように」が当時の芸大油画科の局所的流行だったのでしょう。原題「小さなコクリコ」・・載っていたのがやはり芸大の油画科の先輩のブログ・・ですからこれはパクリでしょう。

 ちょっと歌詞が違うような・・・どちらにしても、この曲をドラマチックに歌える事がうまい事の証しみたいな感じがありました・・・音痴な私にはとても無理な曲でした・・・それにしても日本語の歌詞 日本語の歌手の歌が検索で見つかりません。 日本ではまったく流行しなかったんでしょうかねえ 軽いシャンソンは流行っても こうした重い歌はだめだったのでしょうか??

 ひなげし  モネの絵の花をコスモスだとばかり思っていのですが・・このコクリコだったのですねえ。
 

 ああ皐月 仏蘭西の野は火の色す
     君も雛罌粟(コクリコ)われも雛罌粟(コクリコ)

            与謝野晶子  だそうです。(引用です)


Comme un petit coquelicot 1952

Le myosotis, et puis la rose,
Ce sont des fleurs qui disent quelque chose !
Mais pour aimer les coquelicots
Et n'aimer que ça... faut être idiot !
T'as peut-être raison ! seulement voilà :
Quand je t'aurai dit, tu comprendras !
La première fois que je l'ai vue,
Elle dormait, à moitié nue
Dans la lumière de l'été
Au beau milieu d'un champ de blé.
Et sous le corsage blanc,
Là où battait son cœur,
Le soleil, gentiment,
Faisait vivre une fleur :
Comme un petit coquelicot, mon âme !
Comme un petit coquelicot.

C'est très curieux comme tes yeux brillent
En te rappelant la jolie fille !
Ils brillent si fort que c'est un peu trop
Pour expliquer... les coquelicots !
T'as peut-être raison ! seulement voilà :
Quand je l'ai prise dans mes bras,
Elle m'a donné son beau sourire,
Et puis après, sans rien nous dire,
Dans la lumière de l'été
On s'est aimé ! ... on s'est aimé !
Et j'ai tant appuyé
Mes lèvres sur son cœur,
Qu'à la place du baiser
Y avait comme une fleur :
Comme un petit coquelicot, mon âme !
Comme un petit coquelicot.

Ça n'est rien d'autre qu'une aventure
Ta petite histoire, et je te jure
Qu'elle ne mérite pas un sanglot
Ni cette passion... des coquelicots !
Attends la fin ! tu comprendras :
Un autre l'aimait qu'elle n'aimait pas !
Et le lendemain, quand je l'ai revue,
Elle dormait, à moitié nue,
Dans la lumière de l'été
Au beau milieu du champ de blé.
Mais, sur le corsage blanc,
Juste à la place du cœur,
Y avait trois gouttes de sang
Qui faisaient comme une fleur :
Comme un petit coquelicot, mon âme !
Un tout petit coquelicot.

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

abatorie10

Author:abatorie10
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。