スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風子に (1)

  風子  ご希望通り書いてみます。こう相手を設定して語りかけるスタイル・・ちょっといいですね ・・突然形が変わって、今まで読んでた人がどうしたのだろうと思うかもしれません。ブログが行き詰まってしまったら変えて見たらという君の提案にのって見ます。しかし、これは大転換ですよ。このブログとしては・・小難しい理屈と思いつきばかりでした。クラス向けに書いた事もありましたが誰に向けて書いているのか焦点がしぼれなくて結局全部削除しました。このスタイルもどうなるかはちょっとわかりませんね。

 君には行き詰まって書けない。限界だ・・と言いましたが、いや限界だ・・というのも一つの飛躍でしょう。少し見えて来ました。でも書くことは難しすぎるかもしれませんので、まあ実験ということで・・・

 昨日、最近のこのブログは「愛」がテーマだと言いました。本当は教師になった時に「愛」とか「青春」とかを語れる教師でありたいと思っていたのです。若いですね・・実際若かったのですが、それと芸術方法論みたいなものも語りたいと思っていました。ところが実際教師になって見るとそんな余裕はない・・学校が少しわかりはじめたと思ったら、校内暴力の嵐があったり、様々な学校の課題に追われてそんな事を考える余裕もなく過ごしてしまいました。・・そういう点では、本当に遅い「若い時代の宿題」を今やっているように思います。

 ・・・哲学や宗教ではなくもっと科学的に考えて見たらという高校1年生の君のアイデアにのってみたいと思います。 

「会長」が何を言い出すかわかりませんが、ここ1年間のブログは会長もいた1年次のクラス(1年B組としておきます)を分析する為にいろんな事を考えていたのです。愛や恋・・・はなざかりの君達へ・・だったっけそんなTV番組がありましたが、本校の現在は そのような問題をさけては考えられないと思っています。しかし、そうした事は重要であっても教師の知らない所で展開しているので教師がキャッチできるものではない・・でも高校生活で生徒にとって最重要と(残念ながら)言わざるを得ない状態にあります。こんな事を意識し始めたのは、どんなにクラスや生徒会指導を一生懸命にやっても、こうした男女関係の問題が大きすぎる影響を与える・・二人の恋の行方が、クラスの人間関係を大きく左右してしまう。という事実があったからです。今の子たちにとっては、学校の公の事とそうした(私事)が別だと分離して考えられないからです。

 たぶん、こうした私の発想は何年か後には「教育研究」という場にのせられるようになると思いますが、今はまだ無理でしょう。私も退職間近ですから私の考えていることが日の目をみることもないでしょうが。

 それに、これはあまりに難しい問題です。長い人間の思考の中心的問題でしょう。

 私は思うのですが「性教育」が言われるのに「恋愛教育」がないのは、人間の教育としては逆だろうと思います。どちらが大切かは言うまでもないでしょう。「愛とは何か」です。そういうものを踏まえない教育は、どんなに言い訳をしても能力主義教育です。トルストイを考えて見ればわかります。教育とはこんなものではなかったはずです。

 もう時間も遅くなりました。今日はここまでにします。 では・・・
  




スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

abatorie10

Author:abatorie10
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。