スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風子に (2)

 今日ブログに君を登場させる話を学校で君にしました。 どうやら気に入ってもらったようです。

 
 さて何から書きましょうか  やはり恋愛論からかな 先日 君が言ったのは高校生の恋愛は「アイデンティティー」に関する欲求だということでした。こんな難しい事を高1の女の子がいうのですから、大人が思うほど子どもじゃないということです。もっとも風が特別ということかもしれませんが・・・。

 ネットで調べますと「自分は誰で、どこにその存在の根を持っているのか」ということを自己同一性(アイデンティティー)というのだそうです。これだけではよくわかりません。わかりやすく言えば「自分らしさの発見」と言ったら良いのでしょうか。確かに、恋愛は自分自身が「自分が思ってるような自分でない」という事を思い知らせます。「相見ての後の思いに比ぶれば 昔はものをおもわざりけり」でしたか・・自分の嫉妬深さや、自己統制の困難さ、相手を思いやるという事の難しさ、依存してしまう感情の切り替え・・・気持ちだけでは乗り切れない様々な課題に直面します。特に男子は・・日本の男子はマザコンに育てられていますから、愛を、相手が自分に何をしてくれるのか・・誠意があるか・・要するに愛される事ばかりを要求する事になりがちです。
 小さな子が好きだとか、女子同士の配慮だとか、そうした対人的な愛憎関係が常に目の前にある女子とはキャリアが違っています。「まったくの子ども」である所から出発する男子は多いと思います。 自分の経験でも本当に男は「待つことができない」と思います。・・こんなに愛しているのに・・なぜ誠意がないのか・・・・・本当に待てない・・だから3ヶ月も待たずにケンカ別れ・・・日常見る風景です。(ため息しかでませんね)

 私はもっと単純に高校生の恋愛は「認知欲求=認めてほしい」が基本的欲求なのだろうと考えています。
自分が愛される人間だと信じたい・・一度でもいいから好きって言って欲しい・・・かなり切実な欲求だろうと思います。 ?もしかしたら・・こういうのを「恋に恋する」と言うのでしょうか。ですから、相手の事を意外に考えてない・・ように思える事があります。女子の場合もこうした愛することより「愛されたい」という欲求が強い・・・そうした子ども同士が恋愛をして長続きがしないのも当然なような気がします。

 今まで異なる生活をしてきた人間同士が出会う・・・これはかなり想像力の必要な作業です。異なっている・・という事が特に恋愛感情がおこったなかでは自覚出来ません。この辺は自覚的に「シミュレーション力」を発揮して自己訓練をする必要があります。・・・相手の立場に立ってものを考えろ・・・リア充などというほど、両思いになったら幸福が保証された・・などというほど簡単なものではありません。「恋愛こそ道場」だと考えています。

 だめ  ・・ ですね。せっかく高校1年生の女子というキャラを登場させたのに  ・・ なに、このアジテーション! 

  むずかしいね。 あくまでも君はキャラとして・・・。

  もっとも「本当か嘘かわからない所がブログの面白さ」と君は言うから・・それほど遠慮はいらないようだが。



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

abatorie10

Author:abatorie10
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。